臓器数の数え方

検査費用は検査臓器の種類をもとに計算いたします。同じ動物から同時に摘出された臓器は、病理組織検査(プレミア・ゴールド)では2 種類目からは割引料金適用となります。
病変の病理診断を目的とした検査ですので、臓器の種類に応じて臓器数をカウントいたします。

  • 皮膚病変は何ヶ所検査しても1 種類(ただし、眼瞼、口唇粘膜、肛門周囲腺は別カウント)
  • 乳腺腫瘤は両側乳腺全摘でも1 種類、付属リンパ節も肉眼で区別することが困難な場合が多いため、乳腺に含めてカウ ント
  • 左右がある臓器は、片側でも、左右合わせても1 種類
  • 一塊となった病変が形成されている場合は1 種類とカウントし、「卵巣・子宮」、「精巣・精巣上体」の検査は1 種類としてカウント、リンパ節を巻き込んだ病変でもリンパ節をあわせて1 種類としてカウント
  • 内視鏡により採取された組織片は、何片採取されても「胃・十二指腸」あるいは「大腸(結腸・直腸)」として各1 種類にカウント
  • 「リンパ節」塗抹あるいは組織と同時にご依頼された「血液」塗抹は、合わせて1 種類としてカウント
  • 「骨髄」塗抹と「血液」塗抹は、合わせて1 種類としてカウント